読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜のアルプス安曇野センチュリーライド2017

甥っ子と泊まりがけの旅行ってのがそもそも初めて。

・金曜日

 「今日は定時ダッシュするぞ!」と息巻いていたのですが、

 元課長で今部下がミスを私を含めて上に報告しないという大チョンボをかましていた事が判明し、ちょっと騒動に。

 過去に散々注意していた貴方がそれをやりますか・・・。

 定時からは少し遅れた。

 帰宅して、急いで準備して甥っ子をお迎えに。

 そして、直前情報のチェック。ウェイブワンブースにて「ウェイブニャン」ジャージの販売情報を確認。

 これはゲットせねば。と言う事で、出発時間を1時間前倒しを決定し就寝。

・土曜日

 4時起き。5時出発。

 甥っ子がサイクリングシューズを忘れていた事が判明。私のサイクリング用シューズを貸与。私はレース用のを使います。

 レース用は靴底が超堅くて、ロードバイクでは走りやすいが、歩きづらい。

 中央道までは快適だったが、勝沼IC手前のトンネルと超えた直後で渋滞停車。

 聞けば、トラックが車両火災との事・・・1時間近く停車してました。

 進んで原因の車両を確認。荷台が激しく燃えていました。

 運転手は聴取されていました。なんだかな〜。

 サイクリングの受付開始時間を少し過ぎ、会場に到着。

 まだウェイブワンのブースは準備中。これで確実にジャージが買えるというもの。

 時間があったので、甥っ子の自転車のメンテナンスをWAKOsブースにお願い。

 あまり乗っていないので、綺麗ですがチェーンの油膜切れしていたのです。

 ついでに洗車の小技を教えて貰って、よかよか。

 受付後、松本城を観光。甥っ子はマメに写真撮ってたな〜。

 私はそれほど。

 宿にチェックインし、温泉のただ券を2名2日分ゲット。

 早速温泉&夕飯。そして準備を終えて、早めの就寝。3時起床予定です。

・日曜日

(準備)

 3時起床。寒い。天気予報最低気温-1℃・・・まじか。

 一応、事前情報から冬用衣装を用意してきたが、アウターは甥っ子へ提供しないと、甥っ子凍死する。

 そして使い捨てカイロを宿に置いてきた。

 4時過ぎに会場入り。5時まで車内で凍えてグダグダ。

 6時スタート前整列なので、5時からロードバイクを車から降ろして、空気圧調整や水筒注水とか開始。寒くて、一作業を完了するたび車内に退避。

 5時40分近くに日の出。日光が暖かい・・・。

(本番)

 スタート前。そういえば、いつものAACRと違って、協賛がスペシャライズドではなくブリジストンなのですね。

 私はゆったりと・・・甥っ子は・・・もしかして一杯一杯?

 上り坂では明らかに失速する。完走危うし?

 第一エイドは桜とチューリップのコラボが綺麗でした。

 さて、第二エイドを過ぎたあたりで「足が動かない」とか言い出して、

 「あ、駄目かも」と思い、助け・・・ないんだな。

 放置して先に行きました。寄る所があるので。

 木崎湖キャンプ場にて写真撮影。

 その他、写真撮影の為色々停車してたら、追いついてきました。

 青木湖は「緑のAACR」の方が見栄えするな〜。

 絶景絶景。

 後半は私の立ち寄り場所が増えるので、甥っ子に「いろいろ立ち寄るから先行く、気にせず抜いてって。多分追いつくよ」と冷たい一言。

 で、「Yショップ西(縁川商店)」で葉ワサビ蕎麦を頂き。

 その他、カボチャ牧場でイチゴ果肉ソフトクリームを頂く。

 途中にあるエイドステーション(休憩所)でも補給食をガンガンに食べてお腹いっぱいです。

 サイクリングイベントでお腹いっぱいになるのはこのイベントだけです。

 ・・・実はカボチャ牧場で、ソフトクリームを注文した時に材料切れが発生して、10分以上の待ちが発生。ここで甥っ子に抜かされていた事に気がつかず。

 最終のエイドステーションでは私が到着時に甥っ子が休憩も終え、「先に出るよ〜」と。

 5分以上遅れて出発するとなかなか追いつきません。

 ゴールの門限が午後4時。残り30分残距離予測が10kmで今の時速が25km/h・・・。

 俺は間に合うが、甥っ子は微妙か?と考えていたら甥っ子を抜いていた。

 

 最後の桜の撮影スポット。綺麗でした。ここで撮影している間にまた甥っ子に抜かされた。

 あと5kmと案内の人に聞いて、時間は残り20分・・・(予測誤り)。道に登りは無し。コレは時間内ゴール確定!

 で、甥っ子に追いついて、一緒にゴールしました。

 門限約10分前。

 記念写真の撮影の余裕もなく、温泉→夕食→宿→ベッドへダイブ。

 午後8時には甥っ子の寝息が・・・。私も9時に就寝。

・月曜日

 流石によく寝た。7時過ぎに帰宅開始。

 自転車を車に乗せるとこんな感じです。あと1台は載せられる。

 中央道・首都高も大きい渋滞はなく、12時前に帰宅。

 自転車・自動車の洗車

 走行距離は655km、給油無しで往復できました。

 やはり行きの渋滞が燃費的に痛かった。

 現在、太ももに筋肉痛の予兆あり。

いや〜、甥っ子頑張った。正直駄目かもと思ってました。

前に完走した「ツール・ド・ちば」1日目は100kmとは言え、平坦だったのです。

今回の様なアップダウンが多い所で、距離が1.5倍ってどうよ?

結構鬼畜だったな。