読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろーんぐたいむあごー

上様!浦賀沖に、外国の船が来ました!

え!?聞いてないよ?

某もです!

とまぁ、国庫も潤わないときに黒船が大砲をこっちに向けながら浦賀沖に停泊した。

これを機に、日本は激動の時代に突入していく。

日本に黒船来航の記念フェスが浦賀の地であった。当時のパニック状態やその後のあれらこれを思ったらフェスになるか!と言いたいが(笑)それはそれで時代の流れである。

天気も良いので行ってみた。

出店もあるし、バンドの生演奏もある。

ウロウロしていたところ、着物を着ていたおばちゃんが「是非、着物体験を!」と半ば強引に裏に連れて行かれた。

体験って……私は月一くらいの頻度で着物を着るし、市販の物では裄が足りないので着られるものはほとんど無いので予め断るがせっかくなのでドラミは着させてもらう。

うん!可愛い!(←親バカ)

ドラミが歩けば皆振り返る。

ドラミが行けば皆口を揃えて「可愛いね!」って言ってくれる。

ドラミは照れながらも嬉しくて、「ありがとー」を繰り返す。

アメリカ人は激しく「Oh! So〜cute!!」って目を輝かせて、一緒に写メを撮りたいと許可をもらいに来てくれた。ドラミも承諾したのでそのアメリカの女の人はドラミの肩を抱いて「Smーile」と言いながら写メを。

うん、ドラミよく頑張った(笑)文化交流だよこれも!

そして帰りは、のんびり散歩、桜が舞い散る中。