読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外道でも正道でも釣りは楽しい

本日はお休み。

朝から晩まで柴山沼で釣りをしてきました。

6時に起床し、お風呂入って、デレステスタミナ分をプレイしたらレベルが上がってしまったので、出発が少し遅くなってしまった。アホだ。

現地に9時頃に到着し、ベイトにサスペンドミノー。スピニングにダウンショットを装備していざ釣行!

前回と同じ北側桟橋でのんびりとダウンショットを打ち込んだり、サスペンドミノーを巻くも特に反応はない。そうこうしていると、少し遠くでやっていた人がバスを釣っていた。遠目だったけど、30センチくらいはありそう?とりあえず、それを目撃してバスがいることは間違いないと思いなおす。

ダウンショットからソウルシャッドに変更し、キャスト。着水と同時にトゥイッチ。

!?なにか食ったぞ!

なかなかに重い引き。しかし、この感触はつい最近も味わった気がする。少しリールを巻いて魚体を確認すると、ヘラブナだー!しかも、今度はスレじゃない。口付近に掛かってる。今度は上げてやるぜ!と気合いを入れなおしたら、前回同様に底に底に潜ろうと暴れられ、ルアーが外れた。口が小さいし、掛かりが甘かったようだ。それにしても、前回の反省を活かして、クリンチノットからパロマーノットに変えて正解だったかもしれない。気を取り直して、キャストを繰り返す。スティーズのシャッドを拾ったりしつつも釣れない時間が続く。

根気強く、ソウルシャッドを巻き続けていたら、またなにかが食った。しかもやたら重い!

うっすらと見える魚影はでかい。まさか鯉!?と思いながら、引っこ抜くのはさすがに無理と判断。ドラグを少し緩めて、桟橋から陸地に移動。ずりずりと陸に引き上げてみると、その正体はナマズだった。まさか、こんなものが釣れるとは。恐るべし、のっ込みシーズン。ナマズの実物って初めて見たけど、思った以上にグロテスク。針を外されたナマズはずりずりと柴山沼へと帰っていった。

この辺でいい時間なので、近くのコンビニで昼食休憩を取り、午後の部開始。

午後は場所を変えて、ランガンで釣り歩く。ベイトはフローティングミノーに変更。

数時間経過しても釣れる気配がない。それでも、ミノーで釣ったるわー!と懲りずに投げ続ける。

キャスト。トゥイッチ、ポーズ、トゥイッチ、ポーズを繰り返す。トゥイッチしてポーズ。そのポーズしてミノーがわずかに浮いた瞬間に底からバスが食い上げてきた。その瞬間がハッキリと見え、食った!と確信。その勢いのままに抜き上げる。

サイズはいつもの柴山サイズだけど、念願のプラグで今年の初バスゲット。いやはや、なんというか、「釣ってやった感」がすごい。もうこの1匹で、今日1日の時間が全ていいものになったとすら感じられる。

この充足感を味わってしまい、そして次もと思ってしまうあたり、もう釣りの魅力にどっぷりなのだろうな。