読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「デコヒーレンス」

悴んだ手 線路沿いの蒲公英

聴き飽き慣れた朝の音

誰かが言った当然の正しさに

粗を探したがる誰か

今すれ違った人にまた逢える確率

算段してたらもう居なくなっちゃった

解らないって事はずっと解ってたんだ

何で解らないのか解らないだけ

ああ 僕が覗いたファインダーに

写った人は掠れて消えた

みんな見られて見ているのに

みんなすれ違った人を知らないまま

届かない手 高くて遠い空

触れないのに伸ばした手

ふと気付いた 当然の間違いに

届いても触れない事

蚊帳の外の温度 忘れない感覚

片手間に夢中 向こう側って何だっけ

追いかけていた世界線が在っても

また何か算段しちゃうでしょう

ねえ 君を除いたファインダーに

写ったここを世界と呼べないよ

誰にも責められてないのに

落とし物を見て見ぬ振りした気分だ

最後の一枚 眼を閉じる瞬間

何を写すの?何を飾りたいの?

追いかけていた被写体が振り向く

まだ怖くない逃げられない事

あぁ 僕が覗いたファインダーに

望んだモノの輪郭が残った

声の出し方もわからない

だけど唄いたい だから作るよ

あぁ 今日も覗いたファインダーに

写った世界は廻り続ける

君が疲れて立ち止まっても

独りにさせない様に廻ってる

誰かとすれ違える様に廻ってる