読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【東京検察審査会】舛添要一前都知事不起訴に不服 市民団体が申立書

舛添氏不起訴に不服、市民団体が検察審に申立書

東京都の舛添要一前都知事(68)を巡る政治資金の私的流用問題で、舛添氏を政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑などで告発していた市民団体は27日、今月3日に東京地検特捜部が舛添氏を不起訴としたのを不服として、東京の検察審査会に審査申立書を送付した。

 

舛添氏は、資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)の2013年と14年の政治資金収支報告書に、家族旅行の費用計約37万円を「会議費用」と記入。

特捜部は、この約37万円分の支出について、会議費用とはいえず、虚偽記入にあたると認定し、舛添氏を起訴猶予とした。

 

申立書では

「不起訴では犯罪の抑止効果が発揮されない。政治家に対し起訴猶予はあってはならない」

などとしている。