読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ:「1号機原子炉格納容器内部調査について」

「自走式調査装置」を投入。

2号機の調査映像が公開されてる・・・

「1号機原子炉格納容器内部調査について」

2. ステップ2:自走式調査装置による内部調査の概要(1/4)

測定結果から,比較・評価することで燃料デブリの有無を推定

・バックグラウンド(BG)を差し引いた線量と距離の比較から燃料デブリの有無を推定する

・原子炉に繋がっている配管の近傍等は、局所的に線量が高くなる可能性が考えられ、画像データ及び線量データを比較・評価することが必要となるため、データを整理した後,評価結果はあらためてお伝えする

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170309_05-j.pdf

【福島廃炉】 燃料デブリの取り出しに向けて 〜2号機原子炉格納容器内部調査

<福島1号機>14日から遠隔で溶融燃料を調査