読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私道供用宅地

土地と土地の上にある 共同住宅が相続され 各土地には インターロッキンング舗装された 幅員

2m

の歩道上空き地があり この空き地が 路線価又はゼロ評価となる 私道供用宅地に該当するかが

争われ

接道義務を果たすため 建築基準法道路とされるのは 建築制限屋 私道の変更の制限があり これが

私道供用宅地と 制限が無いため該当せず 最高裁は差し戻しました