読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hondaのクルマ日記84

祝・SUV新車登録販売台数、ホンダ「ヴェゼル」3年連続1位獲得

 

ホンダのSUV(スポーツユーティリティービークル・スポーツ多目的車)のヴェゼル(VEZEL)」、「ヴェゼル ハイブリッド(VEZEL HYBRID)」について、2016年暦年(1月から12月)における販売台数が7万3889台でこのカテゴリーランキング1位であります。

 

VEZELは2013年12月に日本で発売されています。

2014・2015・2016年と3年連続でのSUV暦年新車登録販売台数第1位を記録することとなりました。

SUVの定義は、自販連による「ジープ型の四輪駆動車でワゴンとバン・トラックを含む(一部2WDを含む)国産車」という区分にあたります。

簡単にいうところのRV車です。

このクルマは悪路走行・オフロードを走る本格派クロスカントリー4WDでなく街乗りのプレミアムコンパクトSUVといったコンセプトです。

VEZELの特徴としては「SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、高い燃費性能など、ジャンルの枠を超えた価値を高い次元で融合したクルマ」とされています。

幅広い層のユーザーに人気があります

 

VEZELはSUVの中でもコンパクトで低価格であり日本の道路事情にあった扱いやすいサイズの設計となっている。

しかもVEZELはスタイリッシュでエクステリアは下半身がSUV、上半身がクーペという

クロスオーバースタイルとなっています。

全長4295mmとコンパクトですが車幅は1770?とワイドボディとなるため3ナンバー登録となってきます。

最新の改良版となる現行型は2016年2月でこのときにスポーツタイプのRSや安全装備の強化で追突軽減ブレーキや車線維持支援システム、誤発進抑制機能など8つの予防安全機能を盛り込んだHONDA SENSING(ホンダセンシング)を導入し商品力を低下させなかったことも大きな要因かもしれません。

年数が経過してもマイナーチェンジで徹底的に商品力の強化でこのクルマは支持されています。

度重なる改良によって快適性能や安全性能を向上させ、価格引き上げにかかわらず好調な販売を続けている。

今後もベストセラーを守り続けるにあたりさらなる外観の変更のマイナーチェンジが必要となる。

フルモデルチェンジはまだまだ先のハナシとなりますが2017年内に外観を小変更するマイナーチェンジを行う予定だが中身を充実させた改良も今後も注目すべきポイントでありますね。