読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いていないオッサン

朝の駅、同じ乗車位置で出会うオッサンがいる。

終着駅が会社の最寄り駅までに達しない電車を見送るため、一歩引いた壁際で待っていると、オッサンは自分が見送った電車の列に並び、そのまま次の電車を待ってしまう。

ホームでは左右2列になるが、自分が並んでいる右側に入ってくる。

分かってねぇなぁ。

昨日・今日と同じようになったが、オッサンは気付いていないだろう。

結果的に、2日とも自分は左に並んだ。

もっと、早い電車に乗る目標だから、それを実行すれば良いわけだが…。

残念な話だよ。